栽培プロセス

Cultivation Process

栽培プロセス

Cultivation Process

栽培流れ

フラスコ苗から成熟苗へ

実生苗で開花した中から選別を行いバイオ技術を用いてメリクロン苗を生産ここまでで約2年の期間が必要そこからフラスコ苗を取り出しプラスチックポットに植替え生育状況に合わせて小苗→中苗→大苗 と各サイズへ鉢上げを行っていく。

栽培流れ

フラスコ苗から成熟苗へ

実生苗で開花した中から選別を行い
バイオ技術を用いてメリクロン苗を生産
ここまでで約2年の期間が必要
そこからフラスコ苗を取り出し
プラスチックポットに植替え
生育状況に合わせて小苗→中苗→大苗
と各サイズへ鉢上げを行っていく。

チリ産水苔・ニュージーランド産バークを使用し、熟練スタッフによる手作業での植替え。
毎週行われる水質確認とともに肥料濃度、土壌の環境確認を行う。
365日、天候や苗の成長状況に合わせ 一株一株丁寧に水量調節を行いながら管理。
健康で高品質な苗を提供するために、定期的な害虫・病原菌への予防対策が重要。

チリ産水苔・ニュージーランド産
バークを使用し、熟練スタッフによる
手作業での植替え。

毎週行われる水質確認とともに
肥料濃度、土壌の環境確認を行う。

365日、天候や苗の成長状況に合わせ
一株一株丁寧に
水量調節を行いながら管理。

健康で高品質な苗を提供するために、
定期的な害虫・病原菌への予防対策が重要。

日本をはじめ、世界各国へ販売展開

台湾から良質な苗をお届けします

日本をはじめ、世界各国へ販売展開

台湾から良質な苗をお届けします

設備紹介

設備紹介

天窓

日本の技術を生かした全開式天窓外気を利用して温室内の温度・湿度調整を行うことで通気性がよくなり病気の発生を抑えることが可能。

環境制御システム

温度・湿度・光量などを数値管理記録を行う弊社温室は200-400坪の小規模温室を10棟保有各温室の状況や気候の変動合わせて全てネットで管理を行っている。

環境制御システム

温度・湿度・光量などを数値管理記録を行う弊社温室は200-400坪の小規模温室を10棟保有各温室の状況や気候の変動合わせて全てネットで管理を行っている。

天窓

日本の技術を生かした全開式天窓外気を利用して温室内の温度・湿度調整を行うことで通気性がよくなり病気の発生を抑えることが可能。

環境制御システム

温度・湿度・光量などを数値管理記録を行う弊社温室は200-400坪の小規模温室を10棟保有各温室の状況や気候の変動合わせて全てネットで管理を行っている。

環境制御システム

温度・湿度・光量などを数値管理記録を行う弊社温室は200-400坪の小規模温室を10棟保有各温室の状況や気候の変動合わせて全てネットで管理を行っている。

噴霧設備

温室内は常時70%の湿度環境を保っており必要に応じて自動加湿を行うまた、夏場は細霧冷房の役割を行い天窓と組合わせ最適な温度・湿度の栽培環境を作る。

RO設備

液肥を用いて栽培を行う苗栽培水質はとても重要な要素 水道水の不純物を取り除き生育状況に合わせた肥料管理を独自技術によって行う。

発電機

万が一停電が起きても自動で発電機が起動し緊急事態でも電気を供給することができる。

噴霧設備

温室内は常時70%の湿度環境を保っており必要に応じて自動加湿を行うまた、夏場は細霧冷房の役割を行い天窓と組合わせ最適な温度・湿度の栽培環境を作る。

RO設備

液肥を用いて栽培を行う苗栽培水質はとても重要な要素 水道水の不純物を取り除き生育状況に合わせた肥料管理を独自技術によって行う。

発電機

万が一停電が起きても自動で発電機が起動し緊急事態でも電気を供給することができる。